岐阜市加納本町 マンションモアグレース様 新築シーリング工事

■元請け 榊原建設様

岐阜市加納本町で、マンション新築シーリング工事を行いました。

そもそもマンションなどを建てる際は、ドアや窓が入るところはあらかじめ穴が開いた状態にしておきます。
この穴いにドアや窓を後ほどはめ込むのですが、もしも寸法ピッタリに穴を開けていた場合、現場ではめ込むのが大変です。
そのため穴は、ドアや窓よりも大きく開けておくのですが、もちろん周りに隙間ができます。
その隙間を埋めるのがシーリング工事です。

また外装仕上げの、際に発生する隙間も埋めていきます。
外壁材は非常に堅いため、隙間を設けずに貼りつけると、気温変化による膨張で外壁材同士が衝突し破損してしまいます。
そのため一定の隙間を開けて外壁材を張りつける必要があります。

▼マンション完成イメージ

シーリングは防水性と耐候性を維持するための大切なものです。
しかし新築時はキレイだったシーリングも、太陽光や風雨の影響で劣化していきます。
劣化が進むと、ひび割れ・剥がれが発生し、防水材や緩衝剤としての役割を果たせなくなってしまいます。
そのため、定期的に点検し異常があれば打ち替え工事をする必要があります。

マンション改修工事の様子はこちら≫

当社は数多くの経験と実績の中で、さまざまな建物を手掛けてまいりました。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【会社名】株式会社イチワ建工
【電話】090-8734-0520
【受付時間】8:30~18:00
【対応エリア】岐阜県・愛知県・三重県など東海3県に対応


一覧ページに戻る